FC2ブログ

プロフィール

稲鳥みづは

Author:稲鳥みづは
Dグレ好きの大学生。
このブログでは「フクロゥ」という名前で活動しておりましたがTwitterアカウントを統合することにいたしましたので「稲鳥みづは」という名前でブログ活動再開しました。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


来場者数


今見てる人

現在の閲覧者数:

にほんブログ村


ランキング


沢山のコラボイベントやグッズがあって、アニメも放送がスタートして、前回から3ヶ月があっという間に経ってしまいました。

今回はページ数が21ページで、かつ戦闘シーンが多かった為に考察材料が少なくあまり深く追求できないかもf^_^;)
よって多分223夜に関する考察記事は書かないと思います。
この記事に若干考察は書いてあります。
ですので余裕があったらアニメの方の感想も書いていきたいと思います。

〈表紙〉
巻末コメントによると、「ゴスロリっぽく」描かれたものだそうです。
星野先生は最近本当に色んな色を使うようになりましたよね。
以前ならその時期の絵柄限定の塗り方をされていたりしていましたけど、
今は色んな色調が楽しめて素敵です!
ゴスロリっぽさは、アレンがしゃがんでいる床に感じます。

〈ポスター表面〉
これは以前没になった集合絵でしょうか?
ヒラのエクソシスト全員集合って感じですね!
アレンが団服を着ているので、これはアニメを意識して描かれたものなのかも。
アレンのポーズや表情が少年漫画みを帯びていていいですね。
最近はあまり少年漫画っぽくなかったので新鮮です。
それにしても格ゲーみたいだ…
(追記)
この絵はジャンプSQ.8月号の付録の25巻コミックス変えカバーの裏の絵が元絵ですね!

〈ポスター裏面〉
アルマ編衣装のアレンと、意味深位考え込むリナリー。
リナリーメインの構成です。
前回のアニメ描き下ろしポスターでのリナリーの扱いが酷かったですからね…
下半身だけという()
22巻ラストはアニメ化されるので、そこをイメージして描かれたものなのかもしれませんね。


以下本編感想になります。


〈人と人との絆〉
あの屋敷を目指して行こうと決心するアレン。
その為にはネアから「僕の体」を返してもらわなくてはならない。
そこに現れたのはノアメモリーと戦って眠っているときに自分に語りかけてくれたジョニーの姿でした。
…ってジョニーあなたはヒロインですか!!
前回ではリナリーがちゃんとヒロインしてたのに…笑
それにしてジョニーは本当にいい奴ですよね。
なんの見返りもなく、ただ「友達だから」という理由でここまで付いてこれるなんて。
Dグレでは愛をテーマの一つとしていますから、こういった描写が出てくるとDグレらしいなあ、と思います。
それが物語の根幹にどう繋がってくるのか、早く見てみたいものですね!

〈「こわい」〉
この言葉へのリンクの返しが本当に可愛かったですね笑
生真面目すぎるのか天然なのか…
また少しリンクが好きになりました。
そしてギャグかと思いきや突如表情を変えて自分は人間が嫌いだと語り出すネア。
人間が嫌いというのは何故なのでしょうか…。
あの幼少期から嫌いだと思っていたわけではないでしょうし、
人間はノアの子孫だという辺りに関わってたりして。
ネアがティムにやらせようとしたことをリンクが引き継ぐ形になるんでしょうか。
でも出来るのか…?

〈フィードラ〉
ンンンやっぱり気持ち悪いw
腹に大きな口がついていたけれど、そこからも声を出せるって最高に気持ち悪いww
ところで、フィードラ戦えたんですね!?
寄生蟲入れるだけかと思っていたら意外によく動くんだなと。
まだ能力がわからないノアも沢山出てくるのでしょうね。

〈ティキの反応〉
ティキがマナの名前を耳にした時の
ティキ(「マナ」…?どこかで聞いたことがあるような…)
という反応。
単行本を漁ってみても、ティキが「マナ」という名前を耳にしたシーンはありませんでした。
(私の確認不足だったらごめんなさい)
そこで考えた説が3つ。
①実は描かれてないだけでDグレ本編の時間中に耳にしていた

そんなばかな。
これだったらちょっと拍子抜けです。
②ノアメモリーの記憶
方舟に帰ると懐かしさを感じるのと同じような感じで。
35年前のジョイドはどんな人間だったのでしょうね…。
③Dグレ本編が始まる前の記憶
「マナ」という名前に既視感を覚えたのがティキというのがポイント。
ティキはネアにそっくりということもあり、実は本当のネアの体はティキなんじゃないの説もあるくらいですし。
ネアの記憶と混同しているのかもしれない、という感じです。


いやはやそれにしてもページが少ない( ; ; )
アニメが終わったらきっとたくさん描いてくださると信じましょう!
BD/DVDジャケット全巻描きおろしって本当に凄いですよ…。
どうかご自愛ください…。
スポンサーサイト



コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016-07-19 15:52 | # [ 編集 ]

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |