FC2ブログ

プロフィール

稲鳥みづは

Author:稲鳥みづは
Dグレ好きの大学生。
このブログでは「フクロゥ」という名前で活動しておりましたがTwitterアカウントを統合することにいたしましたので「稲鳥みづは」という名前でブログ活動再開しました。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


来場者数


今見てる人

現在の閲覧者数:

にほんブログ村


ランキング


アニメジャパン2016行ってまいりました!!
ニコ生でステージの内容は知っている方が多いと思うので、画面では伝わらないステージの様子や会場内の様子を中心に書きます!!


<トムスブース>
D.Gray-man公式Tiwtterが発表したとおり、パネルや新ビジュアル、そして新PVを見ることができました。
トムスブースで流れていたPVはステージの最初で流れたものとは少し違っていて、
監督や脚本、キャラデザの人の名前、そしてアニメ正式タイトルと放送時期、放送局も伏せられていました。ちなみにキャスト名はステージ最初で流れたPVでも未発表でしたね。(公式サイトに載っているPVが完全ver.)

PVを見るに、どうやらチェスの任務に沢山キャラを入れてアニオリをやるようですね。
やはり教団移転後からのようです。(黒の教団ホントに壊滅事件見たかったなぁ…)
ひとつ思ったのが、チェスの任務でエクソシスト多すぎやしないか?ということです笑
未だかつてあんなに大人数で一つの特定の任務に向かったことありませんからね。
でもアレンや神田の出番が多い中で他のキャラの出番が増えるのはとても嬉しいことだと思います(*´∀`*)

それと物販とチラシです。
私はアレンセットをひとつ買ったのですが、Dグレのショッパーが付いてきて嬉しかったです。
ただ値段が高かったり、先行販売だったせいもあって売れ行きはあまり良くなかったのかなと思います(^_^;)
(トムスブースの人が宣伝活動していたので)
チラシはコスプレイヤーのヒロムさんとKANAME✩さんが配ってくださいました。
間近で見るととてもかっこよくてキュンキュンしてしまいました( *´艸`)


<アニプレックスブース>
こちらでは例の白衣のアレンと神田のパネルや、星野先生の描き下ろしイラスト、アニメの設定画、ティムキャンピーのぬいぐるみの展示、さらにアレンと神田のアクキー販売がありました。
パネルは途中で他作品と位置の入れ替えが行われて、2列目だったのが1列目に移動していました。

星野先生の描き下ろしイラストではアレン、ティムキャンピーとちっちゃい神田とアルマが描かれていて、さらに「HALLOW」と書かれていました。
最初は「HELLO」なら挨拶の言葉だしわかるけど、「HALLOW」って何だ?って思っていたんですが、まさかアニメの副題とは笑
これについては下で詳しく書きますね。
アニメの設定画はアレン、神田、ラビのもの。ステージで発表されたものと同じです。(リンクはなかった)
それと教団本部の細かい装飾等の設定画、アレン幼少期のサーカスの設定画、アルマ編の絵コンテもありました。

アクキーの絵柄になったアレンと神田の白衣姿ですが、「研究発表会」というコンセプトのもとに描かれたものです。
「研究発表会」ってどういうことだ?と思っていたら、ちゃんとパネルの横のスペースに説明がありました。

「今年のアニプレックスブースは"ANIPLEX Smile Lab."としてAnime Japanに登場!
 アニメ、音楽、グッズ、ゲーム、舞台――。
 アニプレックスが創りだす様々なコンテンツから。それぞれの楽しみ方を紹介して、
 今年も皆様"笑顔"をお届けします!」
「このラボのメンバーとして様々な作品のキャラクターたちが、
 Anime Japan 2016という"研究発表会"の日に、正装してお迎えしています!」


つまりは今までアニプレックスが作ってきた作品の展示を研究発表会に例えていたということですね。
謎が解けました(^-^)


<Dグレステージ>
ニコ生で見た方の意見で「会場があまり盛り上がっていないように見えた」というのを見かけたのですが、そんなことはありませんよ!
確かにニコ生をタイムシフトで見てみると拍手や笑い声があまり聞こえませんね(^_^;)
でもキャストが発表されたり、佐藤事件(新たなる伝説)の時はそれなりに盛り上がっていました。
抽選なので、知り合いが周りに居なかったりして本来の興奮が出なかったかなというのはありますがね。

それとタイトルの話です。
「D.Gray-man HALLOW」という題名になりましたね。
Twitterを見ていると「ハログレ」という略称になりそうかなという感じです。
「HALLOW」は「(…を)神聖なものとしてあがめる、神聖なものとする」という意味で、読み方は「ハロー」。
日本人的にはHelloとほぼ同じ発音です。
星野先生が最近よくアレンを天使扱いするのはこのせいだったのかな。
それにHelloの方として読むと19巻の「オハヨウ」のシーンが連想されて切なくなります(・ω・`)
この時期のアレンは天使度が増してゆくと同時にノアの覚醒も進行していますからね。
いいタイトルだ…。

これ以降はステージへの私の感想となります。

まあまずはキャスト変更の話になりますね。
もうこれは仕方ないと思います。
今回のアニメ化でスタッフが重要視しているのは作画です。
旧キャストはもう大御所レベルがほとんどです。
仮に旧キャストを使ってそのギャラで経費がかさんで作画崩壊したら…。
どちらがいいかと考えたら、私は原作を再現して欲しいので作画を取ります。
それに、きっと聞いているうちに慣れると思うのです。

花江さんの言葉を聞いて決心がつきました。

「僕はラビをオーディションで受けるにあたって、
やっぱり新しいものが作りたいなという風に思っていて、
 せっかくこうアニメが新しくなるんだから昔の…
言い方は悪いですけど物まねとかになっても
 それは前のキャストの方々が演じればそれで済む話だと思う
 (中略)
 (ラビは)すごく演じる人によって色々面白くもできますし
かっこよくもできるキャラクターだと僕は思っている」


プレッシャーのある中で自らこの話題に触れたことが立派だなと思いました。
「何もかもが新しいDグレ」
そう思うことが大事なんだと思います。
もちろんまだ受け入れられない人もいるでしょう。
でも放送するときには旧アニグレとは分けて、それぞれで違った楽しみ方が出来るようになればいいですね。
新キャストを叩くようなことは、同じDグレファンとして、して欲しくないです。

何はともあれ7月からハログレが始まるわけですが、ほんとあっという間ですね。
だってあと3ヶ月ですよ!CROWNを1号待つ期間が過ぎるだけでアニメが始まってしまうんです…!!

楽しみだなぁ(*´ω`*)
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | ホーム |