FC2ブログ

プロフィール

稲鳥みづは

Author:稲鳥みづは
Dグレ好きの大学生。
このブログでは「フクロゥ」という名前で活動しておりましたがTwitterアカウントを統合することにいたしましたので「稲鳥みづは」という名前でブログ活動再開しました。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


来場者数


今見てる人

現在の閲覧者数:

にほんブログ村


ランキング


前回の感想だけだと説明不足だから早く書きたかったのにだいぶ遅くなってしまいました(^_^;)

前置き
5月はDグレ情報満載でしたね!!
まずはGWのジャンプショップで開催されたジャンプSQ.フェア。
私は缶バッジとアレンベアを買ってきました✩(クリアファイル欲しかったけど売り切れてた)
2つ目に、アニグレ1期のニコニコ動画での一挙放送。
母にDグレを布教すべく解説しながら見てました(* _ω_)...ツカレタ
3つ目に、ニコ生の新キャスト発表。
発表された時の印象「超豪華やん…っ!!」
若手声優を売り出す際に脇役に有名声優を持ってくるということはしばしば耳にします。
声優が変わったのは予算の関係ではないのかもしれませんね。
(脇役は出番が少ないから高いギャラでも支払えるということかもしれないけれど)

それにしても、アニメ3期が発表になってからニコニコ動画とのタイアップが多い気がします。
もしかするとハログレはニコニコ動画で配信がされるかもしれませんね!!

アニグレ2期のように一部の地域では見れないなんてことがなくなるかもという希望


さてここからが本題です♪
222夜を読んで気になったところの考察をしていきます。

<アレンの誓い>
感想記事でちらっと書いたのですが、7巻や9巻を彷彿とさせるなぁと。
アレンの生る道ってどこまで行っても「誓い」でできているんです。

「僕は 僕の意思で誓いを立てた
 アクマを壊すことを自分に…っ!!
 共に戦うことを仲間に
 救うことをこの世界に
 死ぬまで歩き続けることを父に 誓ったんだ!!」 
 (7巻「誓いの道」)

このセリフの直前に、アレンは「死」の感覚を感じています。
そして、222夜のアレンの思い。

「僕は進む それで僕を失うとしても この誓いを失うよりはいい」

今度は肉体的ではなく、精神的な「死」を感じた後のセリフになっています。
ここのアレンはいつもの彼とは違って、その後に他人に望みを託すような発言をしています。
さらに直前に思い出しているのは22巻のリナリーとの会話「何があっても僕はエクソシストだ」

これを踏まえて7巻をまた見てみると、こう付け加えることが出来るのではないでしょうか。

「僕が生きていられるのは(エクソシストとして)この道(を立ち止まらずに生きていくこと)だけなんだ」


これ以上はもう「アレン」を保ったまま生きていけないかもしれない。
でも生きている間はすべてを懸けて誓いを果たさないと、僕は「生きている」とは言えないんだ。


自らの「死」を感じて、誓いを再確認する。
そういったところがDグレの主人公だなと感じた理由です。

今回は久しぶりに本物のアレンが見れて嬉しかったです。
やっぱりネアと表情を比較してみると全然違うんですよ…。
星野先生の表現力には脱帽です。


<ロードとクロスの関係>
私前回記事を書いた時に出てきたクロスが本物なのか確信持てなくて曖昧にしてしまいましたが、
ロードですね!!
クロスは意識だけの登場という説明に納得がいきました。
とりあえず死んではいなさそうなので良かったです。
死んでは。
ロードの精神世界にクロスの意識があるような描写でしたが、じゃあ体は?
致死量の出血。当然放っておいたら死にます。
でもクロスは意識を持っている。

…???クロスの体は死んで心だけが生きている???

ロードの「ねむってなよ」がクロスの肉体に対してなのか、精神に対してなのか…。
Dグレでは魂が云々という話が初期から現在に至るまで何回もされてきました。
もしクロスが精神だけの状態になっていたら、今後どうやって登場するのでしょう…。
(この考え方はDグレよりハガレンに近い感じがしますがね笑)


新キャラのことについても書きたかったのですがどうしても考えがまとまらず無理でした(;´д`)
普通に情報不足なので仕方ないですね。
次の話では何か情報があるといいな~

さて6月になりますとついに待ちに待った単行本25巻が発売ですね!!
談話室が非常に楽しみです(((o(*゚▽゚*)o)))
さらにカフェにオンリーショップに先行上映会…。
すごい…これが旬ジャンル!!(予定)
スポンサーサイト



 | ホーム |