FC2ブログ

プロフィール

稲鳥みづは

Author:稲鳥みづは
Dグレ好きの大学生。
このブログでは「フクロゥ」という名前で活動しておりましたがTwitterアカウントを統合することにいたしましたので「稲鳥みづは」という名前でブログ活動再開しました。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


カテゴリ


来場者数


今見てる人

現在の閲覧者数:

にほんブログ村


ランキング


今回はジャンプSQ.CROWN WINTERのDグレネタバレです!
後ほどニコ生の感想の記事も書きますね。

〈表紙〉
真ん中に神田、右下にアレンの構図。
星野先生色の塗り方にバリエーションがあるんですね。
アレンの右目が赤いのと、肌の色素が薄い感じがして、アルビノのような儚い印象を受けます。

〈特別付録ポスター〉
神田とアルマが背中合わせの構図。アニメ化記念だそうな。
星野先生久しぶりにアルマがかけて嬉しかったそうです。
アニメではアルマが動いてるのかぁ〜楽しみだな(^_^)
ちなみにこのポスターの裏にはアニメ情報が書かれていたのですが、
声優さんたちは星野先生のお墨付きだそうで、期待が持てますね‼︎
詳しくニコ生記事で触れます。

〈巻頭カラー〉
アレン(右目ウィンク)とネア。
背景には薄い色で天使のようなものがかいてあります。
…こういう考察は得意じゃないので詳しい人の考察読みますかね…。
凡人に分かったのは2人とも超イケメンだということでした←


ここから本編ネタバレです!


アレンを捕獲するシーンから。
ファインダー2人がアレンを見つけたという報告をしながら近づいてくる。
ファインダーは「どけ邪魔だオッサン‼︎」と言いながら伯爵を押しのける。
ネアはファインダーにその場から逃げるよう言う。

しかし伯爵の目が黒く染まり、片方のファインダーを攻撃する。
伯爵から出た触手のようなものは、ファインダーの頭を貫き

その魂を吸った。

ファインダーは溶けて消えてしまった。

もう一人のファインダーが「オッサン」が伯爵だと気づく。
咄嗟に銃を撃ち込むが、伯爵には効かなかった。
伯爵「おやおや大変ダ❤︎❤︎アナタ我が輩の素顔をみちゃいまシタネェ〜?❤︎」
ネアはファインダーに呼びかける。
ネア「わかっただろ伯爵なんだよ!逃げろ! いいから走れって」
「喰われんぞッッ」
伯爵の手がアポクリフォスの手の様な形に変形する。
ファインダーはそれに貫かれ、弾けて消えてしまう。
さらにアレン(ネア)の肩も貫かれる。
伯爵「何の話をしてたのでしタッケ❤︎」

昔 友だった男がこう云った
魂とは生命の螺旋の一部であると
この世に存在する全てのものの根源は
「生命の螺旋」によって成されており
それを失えば器は原始に還り消滅する
それが世界の絶対の理であり
真理なのだと
"生命の螺旋"
それは生命の可能性を引き出す力
進化を促す希望と災厄の力


35年前アレンと思われる人物が描かれている。
彼は云った、その螺旋の中で最も強いエネルギーを持つのが人の魂なんだよ、と。

ネア(こいつはそれを喰うんだ 人の魂を!)
「おいおいマナ またオレを喰う気か?」
伯爵「我が輩はマナ=D=キャンベルではありませんが 彼がどこに居るかは知っていマスヨ❤︎」
「マナはね❤︎二度と戻ってこられないトコロに永久にいっちゃったんデスヨォォオ❤︎」
若い頃のマナ。肩にティムを乗せている。

ネアは伯爵にならどうして「アレン」と出逢えたのかと問いかけ、
それに対してひたすら否定する伯爵。
そしてやはり邪魔だったとネアを始末しようと例の触手を彼に向けて放つがそれは何者かによって止められてしまう。

ネアの振り返った先…そこにはリンクがいた。

リンク「その少年離していただきましょうか」

ネア(あれ? たしかあの男は 死んだハズじゃ…⁉︎)ここからギャグ調になる。
(たしか名はーーーー…………なんだったっけ……)

リンクは伯爵を縛羽で捕縛する。
さらに縛羽でアレンの体を縛り、そのまま近くの建物の屋上まで持っていかれる。
そして乱暴に屋上へ放り出されるアレンの体。
リンク「手荒にして申し訳ありません」
「伯爵を押さえるだけでなかなかキツイものがありまして」
「そう長くはもちませんのでできるだけ遠くへ逃げ…」
そういってアレンの方を見るリンク。

アレンの瞳は潤んでいた。
「リンク…?」
しかしそれはアレンではなかった笑
ネア(とりあえずアレンのフリしとこ)
「やっぱりリンクだ 生きていたんですね…っ」
「…よかった 僕…ずっとキミのことが気がかりで…っ よかった…」
そんなネアを無視しアトゥーダでアレンの体の傷を治すリンク。
そしてこう言った。
リンク「私にはウォーカーのフリは不要です」
「というか無駄です」
「その演技力なら大抵の人間は騙せるでしょうが私には"気"でわかるので」
今の貴方からは冷たく殺伐とした気しか感じられないと。
リンク「貴方は「14番目」でしょう」

途端にネアは雰囲気を一変させ、リンクを睨みつける。
ネア「"気"ねぇ…さすがにそこまでは隠せないわ」
「で?そうだったらどうすんの?」
「オレとしてはなんか邪魔そうな気がするからあんたを殺したいんだけどなぁ」

ネア「『アレン』を助けに来たんなら 手遅れだよ?」

しかしリンクは自分はルベリエから命令を受けた「14番目」の協力者だと告げる。

リンク「この命 貴方の好きなように使って構いません」

それを聞いたネアはただ一言、

「こわい」



以降感想考察に続きます!


スポンサーサイト



ついに来ましたこの日が!!

星野先生のインスタでアレントリナリーがハロウィンコスした画像が更新されていて、2人が大好きな私は電車の中でニヤケをこらえるのに必死でしたww

あとDグレ担当日記が更新されていたんですが、どうやら第6回まで更新し終えたはずなのに明日またサプライズがあるんだとか…なんでしょう!?


以下ネタバレです!!

表紙は血界戦線。
付録は星野先生のラフ画集と、ToLOVEる、終わセラのポスターです。

ラフ画集はとても先生にかきこまれているのがよくわかって素敵でした!!

我らがDグレは巻頭カラー。
書かれているのは、アレン、神田、ラビ、リナリー、ブックマン、マナ、リンク、ジョニー、ティム。
人気キャラのラビが描かれるならまだしも、本編に最近出ていないブックマンが描かれているのが印象的。
これから活躍するのでしょうか…っ!?
それと、ラビの目にハイライトがないのはわざとなのでしょうか…?
そしてリナリー可愛い!!可愛すぎる!!
髪色が緑色に戻ってる!!!
初期の髪型に近くなってきたからでしょうか?

本編ネタバレ行きます。

1ページ目には大きな鏡。
煽り文「鏡の中に映る自分の姿は真実?それとも――…」

アレン(ネア)の語りから。
アレン「マナとネアは血を分けた兄弟ではなく文字通り分身だったんだ」
    「だが結局あんたによってオレたちは元の『ひとつ』に戻ってしまったけれどね 元の千年伯爵に 現在のあんたに!
アレンの顔半分、ネアの顔半分のカット。    
アレン「オレを食ったあの日を あんた本当に 忘れているのか?」

回想、マナが大きな鏡の前に立っている。
「ああ…そこにいたんですね 鏡の中に…」
マナが手を差し伸べた鏡にはただ自分の姿が映るだけ。
「許してネア すべてぼくのせいです ぼくのせいでキミは…」
「ぼくは『千年伯爵』の役をまっとうしなければならない そうしなければならないんです」
「ハートを滅ぼさなければ… それしか道はない でなければぼくは…っ」
だから…
「ぼくはネアを喰った」
絶叫するマナ。
「ごめんなさい ごめんなさい ごめんなさい」
頭を抱え何がいけなかったのか自問自答するマナ。
その時マナの中のノアメモリーが語りかける。
メモリー「悪いのは『マナ』だ… 『マナ』ブチ壊シタ」
ノアメモリーはマナを責め立てる。
自分の宿命――「暗黒の三日間」の発動を成し遂げるために。
メモリー「『マナ』なんて元々いなかッタ! 『ネア』も カテリーナが名付けたただの幻だったのデスヨ」
自分は「千年伯爵」以外の何者でもない。だから、名はそれだけでいい
メモリー「だから『マナ』は消えロ」
そうしてマナはノアメモリーに飲まれた。
メモリーはこの顔が『マナ』や『ネア』を思い出すと言って自らの頭部を粉砕した…。

場所は変わって街中。
ファインダーたちがアレンの居場所を探している。
例のもじゃゴーレムが発見され、それを手がかりに探している模様。
もじゃゴーレムを観察しているファインダー部隊を蹴散らすリンク。
リンクはアポクリフォスのことを思い出しつつ、自らの震えている手を見る。
リンク(私が震えている…? あの男を思い浮かべるだけで」
それと同時にアポに受けた胸の傷が痛みだした様子。

自分の信じていた長官や中央町が「14番目」によって狂っていく。
ズゥ老師や自分は心ではアレンが「14番目」に打ち勝つことを望みながら「14番目」の協力者として動いている。
そんな矛盾が混在している…。

そう思ううちにリンクの右手袋がはだけ、何やら紋章が現れる。
アトゥーダの影響と思われる。

リンクの右手との対比だろうか、アレンの左手がギギギ…と音を立てて発動しようとしているカット。
だがそんなことはお構いなしに話を続けるアレン(ネア)。
黙ってしまった伯爵を見て「マナ~?お~~い」と声をかける。
アレン「やっぱ……思い出せないか……」
伯爵はアレンから離れる。
伯爵「なぜ我輩をマナと呼ぶのデス?」
アレン「……マナだから」
    「マナはこの世であんただけだから」
    「あんたがオレをこんな風にしたから」
「ちがウ…ちがウ…」と弱々しく否定する伯爵。

アレンは目を閉じた。
アレン「ま 思い出せないのならそれでも構わないけどね」
ゆっくりと目を見開くと、白目はなく、一面真っ黒の瞳。
アレンは不敵な笑みを浮かべて、

アレン「オレのマナ あんたを破壊せれば(ころせれば〉それでいいんだよ」

伯爵は頭を抱えて自分はマナじゃないと困惑し、あの千年伯爵の皮を纏い始める。


そこへファインダーが到着!!!
ファインダー「見つけたぞアレンウォーカー!!」

結界装置発動!!

煽り文「黒の教団に捕縛されたアレン!?」


以後、感想考察へ続きます。明日になるかも。

待ちに待った連載再開!!
私の初めてのネタバレ記事となりますね。緊張します。上手く描写できるといいなぁ。
ネタバレ→感想→考察 の順番で更新していく予定なので219夜関連記事は3つになると思います。

以降、ネタバレ。
表紙は神ノ道化を身にまとったアレンと伯爵(顎長い方w)。
センターカラーはアレンと伯爵(人間時)。
描きおろしポスターはセンターカラー絵ですが、センターカラーよりは広い範囲が描かれています。
ページ数は62ページ。
あ…全然予想より少なかったですね笑
次の単行本はいつ発売になるんでしょうか…。微妙な数。

ワイズリー(以下:ワ)の夢の中。夢の中で彼は裸だ。
ワ「ロード 我らが同胞よ…」
 「まだアポクリフォスに負わされた傷は癒えぬか… ロード」
ワイズリーの手の上に火の玉のように光るロードの頭が現れる。
どうやらまだアポにやられた傷のせいでその姿で現れるのが精一杯らしい。
しかもワイズリーの魔眼でやっと見えるくらい。
星野先生インスタにあったネアの周りに数字が書かれているコマ。
ワ「奴が狙うは今度こそ千年伯爵の首だろう……」
しかしそう呟くとともにワイズリーの中のノアメモリーのネアへの憎しみがこみ上げてきて、ワイズリーは飲まれそうになる。
飲まれたら操り人形と化すだけ。そう思って。
ロード(以下:ロ)がこう言う。
ロ「『ねあ』 は ぼくらと ちがう だか ら こわい… 『せんねんはくしゃく』がいなければ ぼくら わ 『はーと』にほろぼされて しまう」よほどダメージが浸透しているのか、うまく話せない様子のロード。
ワ「やつは何を成そうとしているのかおしえてくれロード 私の魔眼でもこればかりは見通せぬ …いや、見通せるようなものではないのやもしれん」
 「すべては『マナ』という迷宮の闇へと繋がるのだから」アレン(ネア)と伯爵が対峙するコマ。

ティキに怒鳴り起こされるワイズリー。
ワイズリーは千年伯爵と一緒に馬車に乗っていたようだが、千年伯爵が抜け出して行方不明になっている様子。
そんな二人の近くでチャオジーやラビの絵を描いていたフィードラはジャスデビからのアポ確保の知らせを受ける。
フィードラの舌の目玉がジャスデビ(以下:ジャ)の声で喋る(←!?)。
ジャ「アポ野郎はジャスデビ様と デザイアス マーシーマで連行中ぅ~~ おまーらもさっさと来いやティキ!」
星野先生のインスタにあったティキがワイズリーの胸ぐらをつかむシーン。
ティキはワイズリーに魔眼で千年伯爵を探すように言う。

一方アレン(今の人格はネアなので、以下:ネ)と伯爵(以下:伯)がいるところ。
心音がドクンドクンと響いている。
ジョニーは地面に倒れつつアレンに逃げてと言う。
伯「マナ=D=キャンベル!!そんな男がいマシタ…ッ アイツがネアと我が輩を殺シ合わせタ…!!」
アレン(体)の左手の反応が収まる。
アポが捕まったから。
ネ「さてはノアたちとデートかな? まあいい」
 「…こっちは35年ぶりのデートなんだしね」
 「…やあ千年公 オレだよ オレだ ネアだよ」アレンにネアが被って見えるコマ。
伯爵が外見の皮から飛び出してきてネアに抱きつく。
伯「ネア…ッ」
伯爵の皮が自らの影に吸い込まれていく。
ネアが伯爵を抱きしめようとしたとき、
伯「ネア 裏切りモノのネア…… 我輩を 殺そウトしたネア 我が輩ニ殺されタ ネア… ダイキライな マナの…ネア」
伯爵は問う。
どうして自分の前から消えないのかと。
どうして自分には使命があるのに、ネアのそばに居たいのかと。
ネアは伯爵をギュッと抱きしめる。
伯爵は涙を流した。右目からは普通の涙、左目からは黒い(赤いかもしれないが)涙。

そんな伯爵の顔を見て、ネアは言う。
ネ「顔 変わったな…」
 「オレを思い出すから変えたのか?」
ドクン とまた心臓の音。
伯「ハ?」
 「我が輩はズットこの顔デスヨ」
そんなきょとんとした顔を見つめたネアは微笑んで、
ネ「顔と一緒に 記憶も潰したか…」
不思議そうな顔をする伯爵。
ネアは「ふ…」とわらって、
ネ「…悪役のくせに ほんと弱っちいなぁ」
ネアは切なそうな表情を浮かべる。
ネ「どうしてオレのそばに居たいのか本当にわからない?」
 「あの燃えるような夕焼け―――… 風の音も本当に忘れ去ったのか」
 「一面の 黄金色も」
あの麦畑にシルクハットをかぶった肌の浅黒い長い黒髪の男が木に手を当てて佇んでいる。
ネ「七千年の悠久を生きる 千年伯爵が心を残した景色」
男のシルクハットが風で飛ぶ。
それを拾う一人の女性。
彼女は双子の「母さま」、カテリーナだった。

「母さま」は赤ん坊に「マナ=D=キャンベル」と「ネア=D=キャンベル」という名を与えた。
二人は双子の兄弟として育てられた。
ネ「だがオレたちは双子じゃない
 「母さまも本当の母親じゃなかったんだ

ネ「この七千年間でたった一度だけ 千年伯爵がこの世界から消えたことがある ある時 ぱったりと

長い黒髪の男は、突然消えた。
カテリーナは涙を流しながら、男の服と、そこに残されていたふたりの赤ん坊を見つめた。

ネ「わかるか マナ」

ネ「それがオレたちなんだ」

「ネア(オレ)とマナ(おまえ) オレたちはもとは『ひとつ』だった」

「  『千年伯爵』だったんだよ 



以降、219夜感想へ続きます…。→D.Gray-man 219夜 感想・考察

明日ですね

待ちに待ったD.Gray-man連載再開までもう2時間ほどです。
CROWNフラゲ勢はもう読んでいらして、感想を言っている方もいますね(ネタバレではなく)。
本当は良くないことなのですが、そういった方々の感想を聞いているととても面白い展開だそうなので期待しています^^

今日一日はずっとDグレを読んでいました。
宿題?なにそれおいしいの?っていうノリでww
だって手を付けようにもDグレが気になって仕方ないんですもん!!(そして地獄の夏休みが訪れるのであった…)
数日前から、再開までに全巻読むという目標を立てていたので頑張って読みましたよ^^
今日は18~24巻と公式ファンブック辺りを読んでいました笑
復習大事です。読んでいるうちにちょっと考察のネタ見つけたんで今度書きますね。

そうそう、聞く所によると、アニメイトで特典のイラストカードが付くらしいじゃないですか!!
なので私はアニメイトで買う予定です。
それで、近くのアニメイトを調べていたら…午前10時開店なんですね…。
この前17日は登校日だと勘違いしていて、休日だとわかった時にやったねっ!って思ったんですけど、
よく考えたら午後に若干予定を入れておりまして…(汗)
10時の開店直後に買って家に帰ってもネタバレ記事書けるか微妙な時間なんですね。
書けたら午前中に書きますが、もしかすると午後4時とかになるかなと。

10時開店っていうのも曲者ですよね。
アニメイト特典のことを知らなかったら8時くらいに買いに行ってやろうと思っていたのにorz
うぅ…早く読みたいです。

台風も近づいていますからね、皆さんジャンプSQ CROWNを買いに行くときはどうぞお気をつけて…。
雑誌は何としてでも雨風から死守ですよ!!笑
私は今猛烈に嬉しいとともに悲しい

Dグレ219夜ネタバレ(一部)を見てしまったから‼︎

ううっ、この目で表紙とセンターカラーを見たかったです…。
でもまだ内容のネタバレは見てませんのでまだ正気を保っています…。

どうせ一回見てしまったのだから舐め回すようにして見てやれ!
と思って見ていたら、

うわああめっちゃ綺麗な絵や…でも見たくなかった…でも幸せ…でもショック…

みたいな凄く微妙な心境になってしまいまして。・゜・(ノД`)・゜・。
いや、とても嬉しかったんですよ⁉︎
でも見たくなかったんです‼︎
見たかったけど‼︎

これは接近-接近型の葛藤でしたね。
ついこの間現社で習いました…。

Twitterって怖いです。
ネタバレ見たくない方はTwitterの通知欄に引きこもってTweetするなり、Instagramを覗かないようにするなりして対策を取ったほうがいいです…。

皆さんお気をつけて。


※追記
星野先生がInstagramにて、早バレについてコメントしていらっしゃいました。

「どういうルートなのか分からないですが、発売日前の漫画を投稿しないで欲しいです…。インスタは画像が主体の場なので、余計に…マナーがあると信じたいです。」

星野先生とインスタによって少し距離が縮まった今、これはDグレクラスタにとって重要な課題なのではないでしょうか。
折角作ってもらったファンとの交流の場。
星野先生にインスタを続けてもらうためにも、先生の著作権は守っていくべきだと思いませんか?

それに同じファン同士でもそうです。
発売日まで我慢しようと思っていたのに、思いがけないところで早バレを見てしまった。
ショックですよね。
せめて、アップロードされていても拡散などはしないほうがいいと思います。
勿論、早バレ自体がないに越したことはないですけれども、人間の好奇心ってそう簡単に拭い去れるものではありませんからね^_^;

まだまだ始めたばかりのブログですが、少しでも多くの方に伝わればいいと思い、追記させていただきました。

 | ホーム |